トイプードルの愛犬KIKIが、サマーカット3oに挑戦?

 

トイプードルの愛犬KIKIが、1ヵ月半ぶりにカットしました!

 

何かと忙しくて、なかなかカットに行けず、ここまでボサボサに。
しかし、ようやく本日、スッキリにカット。

 

今回は、トイプードルのカットについて書きます。

 

 

トイプードルKIKIのカットのビフォーアフターをご紹介!

 

まずは、カット前日と、カット直後のビフォーアフターの写真を見比べてみてください。

 

 

 

 

こちらが、カット前日に撮った写真です。

 

毛がボサボサのKiKiです。
目のあたりの毛が、超ボサボサで、可愛そうなくらい前が見づらそうです。
ここまで毛が伸びると目の形がどんななのかも、わかりませんね。

 

 

 

 

こちらが、スッキリとカットした直後のトイプードルKiKiの写真です。

 

当初は、カットは短め、暑い夏も目前ということで、3oのサマーカットを希望。
しかし、トリミングサロンの方から、真夏ならいいが、まだ寒そうとアドバイスを受け・・

 

確かに、トイプードルのサマーカット3oカットは、地肌が見えるくらい、超短いカット。
少し早すぎるかと・・急遽、5oのカットに変更。
耳の毛は長めに、しっぽはふんわり、そして顔周りをスッキリにカット、頭もスッキリとカットを希望。

 

そもそもトイプードルのカットの頻度とは?

 

愛犬トイプードルのKiKiは、毎回のトリミングで、かなり大胆に、多少違和感を感じるほど、短くスッキリとカットします。

 

しかし、1週間もすると、毛は伸びてきて、全く、短いカットの違和感なくなります。
毛が短〜いという感じが、ほぼ1週間でなくなります。

 

愛犬のKiKiに限らず、トイプードルの一般的な特徴だと思うのですが・・

 

そもそもトイプードルの毛は、どれくらいで伸びるのか?
そして、カットの頻度は、どれくらいが適当なのか?
いろいろ調べてみました。

 

 

トイプードルの毛は、どれくらいで伸びるのか?

 

トイプードルは、他の犬種に比べ、毛の伸びるのが比較的早く、平均すると、1ヵ月で1p〜1.5pも毛が伸びます。
ちなみに、人間の場合、髪の毛は1日に0.3〜0.4mmほど伸び、平均すると、1週間で約2.5mm、1カ月で約1cmです。
このことから、トイプードルの毛は、人間の髪の毛より、若干、伸びるのが早いことがわかりますよね。

 

ただし、この数値は、あくまでも平均であって、個々のトイプードルによって、異なります。
全く同じ犬種で、同じ年齢、同じ性別、さらに同じ親であっても・・
なぜだか、「このこは、他のこに比べ、毛が伸びるのが早い!!」って感じるワンちゃんがいます。

 

おそらく、KiKiの場合は、若干、毛の伸びが早いように感じます。
正確に測ったわけではないので、あくまでも感覚的なことですが。

 

 

こちらの写真は、今年の9連休に出かけたときに、旅先で撮ったものです。
かなり、ボサボサなのが、わかると思います。
ちなみに、この場所は九十九里ですが、KiKiにとって、初めての海です。
その時のKiKiの海に対する反応、その様子は、後日、動画でご紹介します。。

 

 

 

トイプードルのカットの頻度は、どれくらいが適当なのか?

 

 

よく言われるのは、カット、トリミングの頻度は、1月に1度くらいが適当だと。

 

それ以上だと、毛が伸びすぎて、毛がもつれ「毛玉」ができやすく「なるとか。
耳の毛が伸び過ぎて、汚れがたまり、耳の病気、外耳炎の原因になるリスクが高まるとか。
目の上の毛が伸びて目に入ってしまい、目によくないとか。
爪が伸び過ぎてしまうとか。
肛門腺がたまってしまうとか。

 

様々な理由から、一般的に1ヵ月の頻度でカットしてもらうのがベストだと思います。
私も、できる限り1ヵ月でカットしようと思うのですが・・毎回、今回のように若干、長めに。

 

多くの方は、1ヵ月に1回の頻度でカットしているようですが、意外に3か月に1回という方も多いとか。
いくら何でも3か月は、長過ぎるように思いますね。

 

やはり、トイプードルのお気に入りのスタイルを維持するには、1カ月に1回の頻度でカット、トリミングしたいですね。

トイプードルのサマーカットとは?

 

 

KiKiの毛が伸びるのが、普通より早いように思うのと、これから暑い季節ということで、今回、夏に人気のカット、サマーカットに挑戦しようと。

 

しかし、トリマーの方から、まだ季節的に早いのではとアドバイスをいただき、今回は3oのサマーカットは、パスすることに。

 

サマーカットは・・

 

毛を短くすることで、毛の中の空気が循環しやすくなり、熱がこもらなくなるといった効果があります。

 

トイプードルに限りませんが、犬は、全身が毛で覆われているため、体に熱をため込みやすい動物なので、夏にサマーカットがおすすめなわけです。

 

ただし、毛の長さが短ければいいという、単純な話ではありません。

 

犬の毛には、犬のデリケートな皮膚を守るという大事な役割があります。

 

極端に毛を短くカットしてしまうと、直射日光が直接皮膚に当たってしまい、犬にとって、かえって暑くなり、最悪の場合、熱中症になることも。

 

人間の場合もそうですが、犬にとっても熱中症は、命にかかわる怖い病気なので注意が必要です。

 

 

暑い夏にサマーカットはおススメですが、極端に短くしないよう注意が必要です。

 

実際に何ミリのサマーカットにするのかは、個々の犬にもよりますので、トリマーの方によく相談されるのがいいです。

 

 

 

TOPへ