平屋をおしゃれにする!外観における4つの注意点とは?

 

 

 

 

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。

 

自宅をはじめ、これまでに数回の家づくり経験があります。

 

今回は、平屋をおしゃれにするための、外観における4つの注意点について解説します。


 

ここ最近、平屋が人気で、あらゆる世代で注目されてます。

 

おそらく、核家族化や高齢化社会が進むに連れて、コンパクトな住まい、バリアフリーが、家づくりに求められるようになり、平屋の良さが見直されているからだと思われます。

 

そんな注目の平屋ですが、あなたは、平屋をおしゃれな外観にする、注意すべきポイントをご存知ですか?

 

平屋は、二階、三階家に比べると、形状がシンプルです。

 

このシンプルな平屋を、どのように、おしゃれな外観にするか、皆さん、頭を悩まされています。

 

 

 

 

 

実は、私は、平屋を建てた経験があります。

 

平屋のガレージハウスで、賃貸物件を建てたことがあり、上の画像がそうです。

 

建物完成まで、工務店の担当に相談しながら進めましたが、私も、外観については、あれこれ、いろいろ悩みました。

 

入居者にアピールできるよう、可能な限り平屋をおしゃれな外観にしたい、そのためにはどうしたらいいのか。

 

その時の経験を、今回の記事にしました。

 

 

 

 

 

本記事では、まず、おしゃれな外観の平屋を建てるための4つの注意点を解説します。

 

ただし、ここで注意すべき点があります。

 

それは・・
いくら外観がおしゃれでも、そこに住む者の暮らしが快適でなければ、全く意味がありません。

 

そこで、快適な暮らしを実現できる間取りが、おしゃれな平屋にとって重要なわけです。

 

本記事では、平屋のおしゃれな外観の4つの注意点について解説しますが、快適な間取りについても、5つ目の注意点として取り上げます。

 

 

つまり、おしゃれな外観の平屋を建てる上での5つの注意点は、次の2点に集約できるということです。

 

まず、見た目をおしゃれな外観にするための4つの注意点
そして、快適な暮らしの間取りであることが5つ目の注意点

 

おしゃれな平屋を建てたい方は、本記事を、最後までお読みいただければと思います。

 

ぜひ、あなたのおしゃれ平屋づくりを成功させてください。

 

 

本記事の内容:

  • 平屋の外観をおしゃれにする4つのポイント
  • 快適な暮らしの間取りにするための5つ目の注意点

※どちらも、平屋を建てる上で、とても重要なことです。

 

 

 

 

 

理想の平屋を建てるポイント→詳細

 

 

 

家づくりでいちばん大切なことが、5ページにわたり書かれています。

 

 

 

 

おしゃれな外観にする4つの注意すべきポイントとは?

 

 

 

平屋をおしゃれにする外観のポイントは、以下の4つに集約できます。


 

外壁の色と質感
屋根の形状
窓やドア
テラスやウッドデッキ

 

私が建てた平屋のガレージハウスでも、この4つのポイントについて、とことんこだわりました。

 

施工は、現地の工務店に依頼したのですが、大工さんとは、外観について、現場で何度も打ち合わせを行いました。

 

いかにして外観の見栄えをよくするか、おしゃれにするか・・

 

建物完成と同時に、できる限り速やかに、満室にしたかったので、より訴求力の高いおしゃれな外観を、真剣に検討しました。

 

 

 

 

外観の色と質感

平屋の外観をおしゃれにする最も重要なポイントが外壁です。

 

シンプルな形状の平屋は、特に、この外壁が目立ちます。

 

外壁の色や、質感によって、平屋の見た感じの印象が大きく変わりますので、外壁選びは、本当に慎重に行いたいところです。

 

平屋の外壁のカラーですが、人気のカラーに白があります。

 

清潔感があって、おしゃれな印象を与える色で、植栽の緑、鮮やかな花の色がよく映えることからも、白は人気です。

 

この白は、建物を大きく見せる効果もあります。

 

また、温かみのあるアイボリーカラーも、昔から変わらず人気です。

 

逆の色の黒、グレーも人気です。

 

ダークトーンで、格調が高く、重厚感もあって、おしゃれでスタイリッシュな印象を与えると、黒・グレーも人気です。

 

白、黒、グレーについてお話しましたが、外壁の色は、他にも多数あります。

 

建物の雰囲気、外壁の質感等に応じて、ふさわしい色の外壁を選ぶ必要があります。

 

 

 

 

 

ちなみに、私が建てた平屋のガレージハウスは、外壁が白は使いませんでした。

 

外壁が白だと、大きなシャッターと同じ色になり、全体的にぼやけてしまい、インパクトがない、黒・グレーだと、今度は全体的に暗くなり過ぎると。

 

さんざん検討した結果、青い空、緑のヤシ、白のガレージに合う色ということで、鮮やかな色にしました。

 

カリフォルニアのような雰囲気に合うということで、選びました。

 

実際に、入居者からも、おしゃれだと、すごく好評です。

 

 

 

 

外壁材の質感も重要です。

 

おそらく一番使われることが多い外壁は、サイディングです。

 

サイディングとは、板状外壁材の総称で、タイル模様・石模様・ボーダー模様・木模様・ストライプ模様・左官コテ模様・土壁模様など、様々な模様があり、カラーも豊富です。

 

どのような色、材質の外壁を選択するかにより、平屋の印象は大きく変わります。

 

ちなみに外壁は、サイディング以外にも、塗り壁、タイル貼り、木の外壁等もあります。

 

また、黒の外壁に多いですが、屋根材と同じものを使う、ガルバリウム鋼板の壁材もあります。

 

外壁の色と質感は、おしゃれな平屋に、極めて重要なポイントなので、後で後悔しないよう、じっくり選びましょう。

 

 

 

 

屋根の形状

屋根は、どのような色で、どのような質感のものにするか、外壁と同じくらい、平屋の印象に大きく影響します。

 

屋根は、外壁と一緒に、全体的なバランスを考え、屋根の色、屋根材を検討するのがいいです。

 

外壁の色、材質とのバランスで、屋根の色、材質を検討するのが、より平屋をおしゃれにするポイントです。

 

 

 

屋根には、「片流れ屋根」、「陸屋根(ろくやね)」、「切妻屋根」等があります。

 

 

こちらは、「片流れ屋根」の建築事例です。

 

「片流れ屋根」は、屋根を一方向に傾くよう設置したもので、その角度により家を大きく見せることもできます。

 

また屋根部分に、間取りを工夫することで、大きなロフトの空間を設けることもできます。

 

 

 

そして、こちらが「陸屋根」です。

 

傾斜の無い平面状の屋根で、平屋根とも言います。

 

すごくシンプルで美しく、スタイリッシュで、オシャレです。

 

「陸屋根」は、とにかくシンプル、平屋ならではの良さを、最大限活かした屋根だと、私は思います。

 

 

 

ちなみに、私が建てた平屋のガレージハウスは、「切妻屋根」です。

 

への字の屋根で、2面だけで構成される、シンプルな形状の屋根です。

 

こちらの画像を見ていただければ、よくわかると思います。

 

 

 

 

窓やドア

平屋は、1階のみの建物なので、当然、2階家、3階家に比べると、外壁面積が小さく、形状もシンプルです。

 

その狭い外壁、シンプルな建物にある、窓やドアは、当然、かなり目立ち、外観への印象を左右します。

 

おしゃれな平屋にとっては、窓やドアをどうするかは重要です。

 

ちなみに、私が建てた平屋では、窓とドアを極めて重要なポイントとして考えました。

 

正確には、窓とドアそのものではなく、それらと同じ位置づけであるガレージです。

 

そもそもがガレージハウスなので、このガレージは大きな開口部であり、要するに、通常の家の窓でありドアに該当します。

 

上でご紹介した画像をご覧いただければ、わかると思いますが、この大きく白いガレージは、インパクトがあり、建物の印象を左右します。

 

平屋ガレージハウスを建てる際には、外壁、屋根、そしてガレージをセットで、色合い、質感などを、トータルで検討し建てました。

 

 

 

 

テラスやウッドデッキ

平屋にテラスやウッドデッキを設けることで、外の光や風を居室内に取り入れることができます。

 

さらに、このテラスやウッドデッキは、間取りを工夫することで、リビングの一部のようにでき、家族が集う、お互いのつながりを感じることができる空間にもできます。

 

その快適な空間には、家族だけでなく、近所の方も手軽に来られる空間です。

 

快適な居室にするために、テラスやウッドデッキは、極めて重要です。

 

 

このようなテラスやウッドデッキですが、平屋の外観のアクセントにもなり、おしゃれ度をアップさせる効果があります。

 

こちらの画像をご覧いただければ、おわかりいただけると思います。

 

ウッドデッキが、平屋の建物の、おしゃれなアクセントになっています。

 

仮に、ここにウッドデッキがなく、ただの居室だとしたら・・
この平屋は、立体感がなくなり、見た目にも、普通の平屋になると思いませんか?

 

このように、ウッドデッキやテラスをうまく取り入れることで、平屋の外観だけでなく、暮らしも、各段におしゃれにできます。

 

 

 

理想の平屋を建てるポイント→詳細

 

 

 

 

快適な暮らしの間取りにするための5つ目の注意点とは?

 

 

 

次に快適な暮らしが可能な間取りにするという5つ目の注意点について解説します。


 

私は、平屋のガレージを建てる際に、間取りについても、外観と同様、いろいろ悩みました。

 

実は、この賃貸物件は、一部屋を自分でも使用する予定でした。

 

自分でも使い、他人にも賃貸するので、自分の暮らし、家族の暮らしを、より快適なものにするにはどうしたらいいのか?

 

自分も使くということで、間取りは、かなり真剣に検討しました。

 

当時、工務店の大工さんや営業の方とも、よく間取りについて議論しました。

 

私が考える快適な間取りのポイントは、次の7項目に集約できると考えてます。

 

日当たりが良い間取りであること
風通しがよい間取りであること
プライバシーが守られた間取りであること
家族のコミュニケーションがとれる間取りであること
生活動線(特に家事動線)がいい間取りであること
暑さ寒さ対策にすぐれた間取りであること
充分な収納スペースが確保された間取りであること

 

快適な暮らしをおくるためには、どれも必須の間取りの注意すべきポイントです。

 

この7項目以外にも、防犯対策がしっかりとられた間取りであること、ニオイの問題が発生しない間取りであること、騒音問題に悩まない間取りであること、生活スタイルに合わせてコンセントを配置した間取りであるこ等が考えられます。

 

間取りプランは、奥が深く、いくら時間があっても足りません。

 

詳細は、別の記事で解説したいと思います。

 

 

理想の平屋を建てるポイント→詳細

 

 

 

 

建てた平屋ガレージハウスの外観をおしゃれ度合いで分析!

 

 

 

 

 

ここでは、実際に私が建てた平屋のガレージハウスの外観を、以下のおしゃれの観点で分析してみます。


 

外壁の色と質感
屋根の形状
窓やドア
テラスやウッドデッキ

 

 

外壁の色と質感について、オシャレ度合いを分析!

 

 

外壁の色ですが、外壁の下側が明るいモスグリーンの壁と上側が白の外壁で、その間に薄いグレーのラインがはいっています。

 

この外壁の色は、ガレージの色と、各部屋毎に壁に貼ってあるナンバープレートの色とのバランス、さらには、青空、シンボルツリーのココヤシの木の緑が映えるということで決めました。

 

施工業者から提示された色見本を見てカラーを決めますが、当然、出来上がりの見本はないので、あとは想像して決めるしかありません。

 

出来上がりが心配でしたが、完成してホットしました。

 

近隣の家とのバランスもいいし、何と言っても、ココヤシの木、青空・・ここは、カルフォルニアという感じが、オシャレです。

 

この海辺の平屋のガレージハウスは、入居者の方からも、おしゃれだと好評で、おかげさまで、満室が、ずっと続いています。

 

 

 

屋根の形状について、オシャレ度合いを分析!

 

 

屋根は「切妻屋根」で、正面から見ると、への字の屋根で、シンプルに2面だけで構成される形状の屋根です。

 

屋根の勾配は、緩やかな傾斜で、とにかく大きな面積の屋根で、ボリュームがあって気に入っています。

 

すごくシンプルですが、大きな屋根は、黒系のガルバリウムですが、外壁との色合いのバランスが、すごくいいです。

 

実におしゃれな平屋だと思います。

 

 

 

窓やドアについて、オシャレ度合いを分析!

 

 

この平屋は、ガレージハウスということで、大きなシャッターが装備されています。

 

このシャッターが、ある意味、窓、ドアにあたるわけで、この白いシャッターが、平屋ガレージハウスのアクセントになり、実におしゃれです。

 

この大きなシャッターは、オーバースラーダー形式のものですが、毎回、ワクワクしながら、ガラガラ音をたてながら、開け閉めを楽しんでいます。

 

このオーバースライダーのシャッターは、カッコよく、おしゃれと、入居者の皆さんに好評です。

 

 

 

テラスやウッドデッキについて、オシャレ度合いを分析!

 

 

この平屋ガレージハウスには、いわゆるウッドデッキ、テラスは存在しません。

 

ただ、その代わりが、ガレージハウスの前面にある、コンクリートの駐車スペースです。

 

ここは、車も停めますし、また、ここで、入居者同士が、バーベキューをやったり、夏、浜辺で打ち上げられる花火を鑑賞したり、皆さん、この空間を楽しんでいます。

 

また、このコンクリートの駐車スペースが、平屋の建物全体のアクセントにもなっていて、おしゃれです。

 

現在は、コンクリートの表面が劣化と汚れてしまいましたが、新築の頃は、真っ白なコンクリートの面が、建物とよく合って、おしゃれでした。

 

 

 

以上、私が建てた平屋ガレージハウスのオシャレ度合いの分析でした。

 

なお、ガレージハウスの間取りについては、別の記事で解説したいと思います。

 

いかがでっしたでしょうか?

 

あなたの平屋の家づくりの参考になれば幸いです。

 

 

理想の平屋を建てるポイント→詳細

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

以上が、平屋の外観をおしゃれにするための注意すべき5つのポイントです。

 

どれも、おしゃれな平屋にとって、重要なものなかりです。

 

ぜひ、外観と間取りの注意すべき5つのポイントを実践していただき、あなたの平屋づくりを成功させていただければと思います。


 

外壁の色と質感は外観の印象を左右する最も重要なポイントです。
屋根の形状も、外壁同様、おしゃれな外観にとって重要です。
窓やドアはシンプルな平屋の外観のアクセントになります。
テラスやウッドデッキも外観のアクセントになります。
快適な暮らしが実現できる間取りであることも重要です。

 

 

 

あわせて、平屋の外観をおしゃれにする4つのポイントも解説しました。

 

ぜひ、この点に注意をし、おしゃれなセンスのいい外観の平屋を建ててください。


 

外壁の色と質感
屋根の形状
窓やドア
テラスやウッドデッキ

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、あなたが、以下の4つの内一つでも該当するのであれば、ぜひ、続けてお読みください。。


  • 平屋の家づくりを何からスタートしていいのか、よくわからない。
  • 住宅展示場に行きたいが、その後の営業が面倒で、まだ行けてない。
  • そもそも、どこの住宅展示場に行けば、平屋を見ることができるのか、よくわからない。
  • 住宅展示場に行ってみたが、特に役に立ちそうな情報は得られなかった。

  • 今は、わざわざ住宅展示場に行かなくても、平屋の家づくりに必要な情報を集めることができます。
  • 当然ですが、住宅展示場に行けば、住宅メーカーから強烈な営業を受けることになります。
  • どこの住宅メーカーに平屋の建築を依頼するか何も決まっていない、単なる情報収集の段階で、営業を受けるのは、かなり面倒です。

 

あなたの理想の平屋を建てるために、まずは、こちらの平屋特化サービス(無料)を利用されては、いかがでしょうか。

 

→ 平屋づくりの情報収集サービス(無料)

 

■見積もり依頼と間取りの作成を、ハウスメーカー、工務店に一括依頼できます。
■住宅展示場にも行かず、各社の担当と話も一切しないで、ご自宅で情報収集できます。
気になる間取りプランを提案したところとだけ、話を進めればいいだけです。
■気に入らなければ、メールで断るだけです。(気まずい電話も不要)
■正式契約しなくても、いくら見積もり、間取りプランをとっても全て無料なので、気軽に依頼をするといいです。

 

 

理想の平屋を建てるポイント→詳細

 

 

 

 

 

 

著者情報:

村上悠
カラーコーディネーター、宅地建物取引士
「自宅を三井ホームで建て、さらに賃貸物件の平屋のガレージハウスを建てたことがあります。
その時の家づくり経験で得た気付き、知識等を、記事にしていきたいと思います。」

 

 

 

 

平屋をおしゃれにする!外観における4つの注意点とは?記事一覧

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、これまでに数回の家づくり経験があります。今回は、理想の平屋を建てるために、間取り図で確認すべき12のポイントについて解説します。家は、一生に一度の大きな買い物です。どうせ家を、平屋を建てるなら、快適で暮らしやすい理想の平屋を建てたいですよね。理想の平屋を建てるには、当然ですが、間取り図が重要です。間取り図とは、要するに部屋の配置や大...

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、平屋の賃貸物件など、これまでに数回の家づくり経験があります。この記事をお読みになられているということは、あなたは、4LDKの平屋をお考えでは?4LDKの平屋となると、プライーベートな個室が4室もあり、かなり規模が大きいです。おそらく家族4名〜6名で住むことを前提に、間取りを検討されているのではないでしょうか?例えば、40代〜50代で...

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、平屋の賃貸物件など、これまでに数回の家づくり経験があります。あなたは、3LDKの平屋を建てることをお考えでは?3LDKの平屋となると、パブリックなLDKにプライーベートな個室が3室ある間取りです。おそらく家族3名〜5名で住むことを前提に、間取りを検討されているのではないでしょうか?典型的な例は、40代〜50代の夫婦に、子供が2人で、...

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、平屋の賃貸物件など、これまでに数回の家づくり経験があります。あなたは、まさに2LDKの平屋を建てることをお考えでは?快適で暮らしやすい2LDKの間取りの平屋を建てるには、どうしたらいいのか、お悩みではないでしょうか?2LDKの平屋となると、パブリックなLDKにプライーベートな個室が2室ある間取りです。おそらく家族2名〜4名で住むこと...

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、平屋の賃貸物件など、これまでに数回の家づくり経験があります。今回は、平屋の間取りの中でも、人気が高い4LDK・南玄関について取り上げます。本記事では、まず、南玄関の間取りが、なぜ人気なのか、その理由に簡単にふれ、その上で、理想の間取りの条件について解説します。そして、最後に、その条件を満たす、平屋4LDKの南玄関の理想の間取りを、具...

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、平屋の賃貸物件など、これまでに数回の家づくり経験があります。今回は、平屋の間取りの中でも、特に人気がある4LDK・東玄関について取り上げます。本記事では、まず、東玄関の間取りが、なぜ人気なのか(東玄関の間取りは、南玄関より人気)、その理由を説明し、その上で、理想の間取りの条件について解説します。そして、最後に、その理想の間取りの条件...

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、平屋の賃貸物件など、これまでに数回の家づくり経験があります。今回の平屋の間取り特集は、15坪と、かなり狭い平屋の間取りを取り上げます。ご紹介するのは、15坪のロフト付きのおしゃれなログハウスです。上の写真から、わかるように、かなりコンパクトではありますが、実にバランスよくまとまったおしゃれな平屋ログハウスです。この15坪の平屋ログハ...

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、平屋の賃貸物件など、これまでに数回の家づくり経験があります。家は、生活動線、特に家事動線がいい間取りがいいです。家事動線のいい間取りの家は、ストレスなく暮らせる快適な家です。あなたも建てる平屋は、ぜひ、家事動線のいい間取りをお考えでは?今回ご紹介する平屋3LDK(南玄関)、広さは30坪クラスの間取りは、5つの家事動線が、抜群に素晴ら...

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、平屋の賃貸物件など、これまでに数回の家づくり経験があります。今回ご紹介する平屋3LDK(東玄関)の間取りですが、特徴は大きく2つあります。外観が南欧風でおしゃれであること子供部屋の間取りに工夫があること1つ目は、外観が南欧風でおしゃれな点です。実は、私は、この南欧風の外観が大好きです。次に、家を建てるのであれば、ぜひ、この南欧風の外...

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、平屋の賃貸物件など、これまでに数回の家づくり経験があります。あなたは、5LDKクラスの大きな平屋を建てることを検討されているのでは?本記事では、5LDKの間取りの平屋について、重要なポイントを解説します。5LDKの平屋となると、延床面積が30坪、35坪、40坪と、かなり大きな平屋になります。実は、この5LDKの平屋には、広いならでは...

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、平屋の賃貸物件など、これまでに数回の家づくり経験があります。今回は、中庭のある平屋について取り上げます。実は私の自宅(平屋ではなく2階家ですが)に、中庭を設けました。実際に中庭のある家に住んでみて、この中庭の素晴らしさを、日々実感しております。あなたも、中庭のある平屋にご興味があるのであれば、ぜひ、お読みいただければと思います。本記...

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、平屋の賃貸物件など、これまでに数回の家づくり経験があります。今回は、平屋のロフトについて解説します。平屋の建築を検討されている方の多くは、このロフトにかなり興味があるようです。しかし、平屋にロフトが本当に必要なのか、そのロフトを、具体的にどのように使えばいいのかまでは、全く考えていません。あなたも、他の方と同じではありませんか?本記...

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、平屋の賃貸物件など、これまでに数回の家づくり経験があります。今回は、20坪以下の狭い平屋の間取りについて取り上げます。この記事を読まれている、あなたは、狭い平屋の建築を計画されているのでは?そして、狭くても、快適な家にしたいのでは?実は、私が建てた平屋のガレージハウスは、そのほとんどを賃貸で貸しているのですが、1戸当たりが、12坪と...

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、平屋の賃貸物件など、これまでに数回の家づくり経験があります。今回は、20坪の平屋の間取りを取り上げます。平屋の20坪という広さは、決して広くなく、むしろ狭いです。20坪の空間に、家族皆がくつろぐLDKを設け、それ以外に個室、水回り、玄関、収納・・・などなど、盛り込んでいくと、かなり限られたスペースというのが、おわかりいただけると思い...

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、平屋の賃貸物件など、これまでに数回の家づくり経験があります。今回の平屋の間取りは、かなり広い50坪の平屋です。日本の住宅の一般的な広さは、平均35坪〜40坪程度で、4人家族が暮らすには、最適な広さと言われています。これと比較しても、今回の50坪の平屋というのは、かなり広いです。この50坪の平屋となると、ここまで広い家を建てる方は、本...

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、平屋の賃貸物件など、これまでに数回の家づくり経験があります。今回は、35坪〜40坪の平屋の間取りについて取り上げます。この35坪〜40坪という広さは、実は、日本の住宅の一般的な広さであることを、ご存知でしょうか?この広さは、4人家族が、一番暮らしやすい広さとも言われています。夫婦と子供2人の4人家族を前提に考えた場合、理想の住まいの...

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、平屋の賃貸物件など、これまでに数回の家づくり経験があります。今回は、25坪の平屋2LDKの間取りが、なぜ、シニア世代の暮らしに最適なのかを解説します。なぜ、25坪の広さの平屋がいいのか?なぜ、2LDKの間取りがいいのか?なぜ、もっと広いのではだめなのか、逆に狭いのはどうなのか?なぜ、他の間取りでは、ダメなのか?あなたは、いろいろ疑問...

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、平屋の賃貸物件など、これまでに数回の家づくり経験があります。今回は、30坪の平屋4LDKの間取りが、子育て世代に最適な理由を解説します。子供2人と夫婦、家族4人の典型的な子育て世代にとって、どんな平屋が最適なのかを検証していきたいと思います。あなたは・・なぜ、4LDkの間取りがいいのか?なぜ、30坪の広さがいいのか?特に、間取りと広...

宅地建物取引士・カラーコーディネーターの村上悠です。自宅をはじめ、平屋の賃貸物件など、これまでに数回の家づくり経験があります。今回は、外観は平屋に見えるけど、実は二階建ての家という、ちょっと不思議な話です。あなたは、平屋だと思った家が、実は二階建てで、驚いたという経験ありませんか?外観は平屋に見えるけど、実は二階建てという家が、今、人気です。私も、次に家を建てるとしたら、この平屋に見える二階建ての...

TOPへ