アパートにインターネット無料を導入するのにWiFiの設置費用は?

 

 

今回は、アパート等の集合住宅にWiFi(ワイファイ)インターネット無料を導入する空室対策を取り上げます。

 

このインターネット無料は、単身者、ファミリー両方のタイプの入居者に大人気の設備で、空室対策として、ぜひ導入を検討すべきです。
→ 関連記事

 

 

こういった人気の設備であるため、アパート、マンションの賃貸物件の空室対策のために、WiFiインターネット無料の導入を検討される大家さんが多いです。

 

しかし・・
『インターネット無料を導入したいんだけど、どこの業者に依頼すればいいのか・・わからない。』
『業者のホームページを見ても、どのくらいの費用がかかるのか、どのような仕組みなのか、わからない・・』
こんなご質問が本当に多いです。

 

おそらく、ネットで公開されている情報が、個人用のインターネット回線サービスに比べると、アパート・マンション向けのインターネット回線サービスに関する情報が、圧倒的に少ないからです。

 

そこで、そもそもWiFiが何なのか、基本的なことも含め、WiFiインターネット無料の導入方法、仕組み、費用(導入時の初期費用、利用料金など)を詳細に解説していきます。
WiFiインターネット無料の導入の参考になれば幸いです。

 

 

 

アパート等の集合住宅にインターネット無料を導入するWiFi(ワイファイ)の仕組みとは?

 

アパートやマンションの集合住宅に、インターネット無料を導入するWiFi(ワイファイ)の仕組みは、いろいろあります。
この分野に明るくない大家さんには、どれを導入すべきなのか、本当に迷うと思います。

 

大家としては、できる限り、費用を安く抑え導入したいということで、費用ばかり重視しがちですが・・
導入したWiFiインターネット無料が、速度が遅すぎて使えないと入居者の不満になっても困るので、慎重に検討したいと思います。

 

実際に、インターネット無料ということで、入居をしたが、速度が遅すぎて使い物にならないということで、自分で個人的に契約を結び、導入したなんて話をあります。
当然、こういった入居者は不満があるはずなので、退去を考えるはずなので、次の更新はないかもしれません。
空室対策で、WiFiインターネット無料を導入するのであれば、入居者に満足してもらえるものを、費用対効果を考慮しながら、検討すべきです。

 

それでは、インターネット無料を導入するWiFi(ワイファイ)の仕組みについて解説します。

 

 

基本的な仕組み

まず、ここでお話する空室対策上の「インターネット無料」とは、どういうことかを、ここで確認しておきます。

 

要するに、入居者が、個別に契約することなく、すぐにWiFiでインターネットを利用できることで、
そして、インターネット利用代金は、全て大家、オーナが-が負担するので、入居者は無料で自由にいくらでも利用できるということです。

 

費用をできるだけ安く抑え、WiFiインターネット無料を導入する仕組みは、光ファイバーの回線をアパート、マンションの建物に1本だけ引き込み、その光ファイバーを入居者でシェアする仕組みです。
入居者でシェアする仕組みは、(1)有線LAN、(2)無線WiFiの2つの方法があります。

 

入居者が個々に契約し、各部屋に回線を引き込み、その費用を大家が負担するのでは、金額がかなり高くなりますので、契約を1本、1つの回線にまとめるわけです。

 

ただ・・残念なことに、この2つの方法は、1本の光回線(最大1Gbps)を入居者全員でシェアするので、入居者の数、使用状況・・によっては、通信速度が遅くなり、入居者にストレスを与えてしまうリスクがあります。
後ほど、詳細を解説します。

 

 

 

画像でみると、イメージがわくと思います。

 

 

まずWiFiとは何か?

 

WiFiインターネット無料の「WiFi」とは何かを、まず、お話します。

 

少し専門的な説明になりますので、よくわからないという方が多いと思いますが・・
ここは、画像を見て、ざっくりイメージできればOKです。

 

WiFi(ワイファイ)とは・・

パソコン、スマホ、タブレットなどのネットワーク接続に対応した機器を、無線(ワイヤレス)でLAN(Local Area Network)に接続する技術のことです。

 

その際に、WiFiルーター(WiFi機器と電波の送受信を行いLANとの仲介を行うための機器のこと)が必要になります。
このWiFiルーターを設置すれば、WiFi対応端末(パソコン、プリンタなど)を無線で接続でき、ケーブルが届かないような場所でも問題なく使えます。

 

 

ケーブルで物理的につなぐ有線LANと違い、部屋の中に長いケーブルをはわせる必要がなく、実に快適にノートPCを使うことが可能です。
タブレットやスマホも、この無線LAN(Wi-Fi)で、無線が届く範囲であれば、部屋のどこでもインターネットを楽しむことができます。

 

 

 

 

有線LANケーブルの方法

 

 

有線LANケーブルの方法とは・・
アパート等の集合住宅の建物に引き込んだ光ファイバー1回線をハブと呼ばれる接続機器を使い、各部屋へ分岐させる方法です。

 

各部屋まで有線LAN(ケーブル)でつなぐので、無線WiFiのように、通信速度が遅くなるということは少ないです。
比較的、安定した通信速度を維持できるので、遅くて使い物にならないという、入居者からクレームは少ないのですが・・
入居者の人数、使用状況、時間帯によっては、通信速度が遅くなるリスクは、どうしてもあります。

 

この有線LANケーブルの方法では、入居者は、部屋に設置される有線LANケーブルの接続口から、直接パソコンをつなぎ使うことができます。
さらに、接続口に無線WiFiのルーターを接続することで、そのルーターを介して、電波を飛ばし、スマホを楽しむことも可能です。

 

最近は、スマホを使われる方が多く、ニーズが高いので、この無線WiFiのルーターを無料でプレゼントする大家さんが多いです。
この無線WiFiのルーターは数千円という安さなので、導入を検討する価値は大きいです。

 

この有線LANの方法には、デメリットもあります。

 

各部屋まで有線LANケーブルを引き込むので、そのための工事が必要になり、工事の費用も当然かかります。
さらに、工事には、室内の工事もあるため、入居者の立会が必要にあります。
入居者との工事の日時調整など、少し時間がかかるケースが多いです。

 

さらに、もう一つデメリットが。
それは、先ほどもお話しましたが・・・入居者の使用状況等によっては、通信速度が遅くなり、入居者にストレスを与えてしまう問題です。

 

 

 

無線WiFiの方法

 

 

無線WiFiの方法は、建物に引き込んだ光ファイバー1回線を、無線LANルーターと呼ばれる接続機器を介して、無線WiFiの電波をとばし、各部屋をつなぐ方法です。

 

無線WiFiは、電波を各部屋までを飛ばすやり方のため、部屋によっては十分に通信速度が確保できない可能性があります。
無線LANルーターの位置と部屋の位置関係で、場合によっては、常に、無線WiFiの電波の状態が悪く、通信速度が遅くなることもあり得ます。

 

よくホテルなどで、インターネットが無料で使えるとあるのは、ほとんどは、この無線WiFi方式によるものです。
たまに、部屋でネットを使おうとすると、通信速度が遅かったりするのは、無線WiFiの電波の状態が悪いからです。
どうしても、無線WiFiは電波なので、有線LANに比べると、不安定で通信速度が低下してしまうリスクが大きいです。

 

この無線WiFiの方法は、鉄骨やRCマンションだと壁が厚いため、各部屋の中にまで、充分にWiFi電波が届かない可能性があります。

 

このように通信速度が不安定になるリスクがある無線WiFiですが・・メリットもあります。

 

このメリットは、無線WiFiの方法の工事内容に関係があります。
電柱から光ファイバー回線を建物まで引き込み、建物の壁やベランダ等に無線LANルータを設置する工事だけです。

 

このような工事なので、物理的にケーブルを引く必要がなく、導入工事が簡単で、工事の時間も短いです。
室内の工事も不要なので、入居者の立ち合いも不要ですし、工事の日程調整も不要です。

 

 

以上が、1本の光回線(最大1Gbps)を入居者全員でシェアする仕組みです。

 

データ通信の速度を表す単位がbpsで、1秒当たりのデータ量のことです。

 

 

そもそもなぜ、通信速度が遅くなるのか?

 

 

有線LANケーブル、無線WiFi、この2つの仕組みは、あくまでも1つの光ファイバ回線を、入居者全員でシェアすることになるので、入居者の数、使用状況・・様々な原因で、通信速度が遅くなるリスクはあります。
その問題を完全に回避することは不可能です。

 

 

実際に、「インターネット無料 使えない 遅い」のキーワードで検索をしてみてください。

 

■ネット無料のアパートに入ってから、夜になるとネット速度が遅くなる現象に苛(さいな)まれている。

 

■約1ヶ月間使ってみて、YouTube, PS3や4のオンラインやダウンロードが夜でもまともにできるのに、ニコニコだけやたら読み込みに時間かかるのは何故だ。

 

こういった不満の投稿がいっぱい見つかるはずです。

 

戸数の多い集合住宅のアパートやマンションで、回線を共有しているという状況が、回線を圧迫し速度が落ちる原因になります。

 

集合住宅の建物までは、光回線を引いたとしても、各戸への配線が光回線でない場合、最大速度が100Mbps程度となりますので、使用状況によっては、かなりネットの通信速度が遅くなります。

 

このようなことで、通信速度が遅くなるわけです。

 

 

WiFiインターネット無料について大家が理解すべき一番重要なこととは?

 

 

では、空室対策として、「インターネット無料」を、どのように導入すればいいのか??

 

賃貸経営にとり、費用を安く抑えることは重要ですが・・
しかし、費用ばかりきにして、中途半端なインターネト無料を導入するのは、空室対策上、よくありません。

 

費用が安いと導入したインターネット無料により、それを入居者が使い、常に不満を感じていたら・・長期の契約は難しいでしょう。
まず、次回の更新は期待できないと思います。

 

では・・どうすればいいのでしょうか?

 

まず、常に通信速度が早く、安定しており、入居者が満足できるものであること。
そして、導入費用も、それほど高くない、インターネット無料を導入すればいのです。

 

おすすめなのは、ズバリ!!フレッツ光の全戸加入プランです。

 

 

フレッツ光の全戸加入プランとは?

 

 

このフレッツ光の全戸加入プランは、光ケーブルを集合住宅の建物までだけでなく、各部屋を、さらに光ケーブルで(有線のLANケーブルではなく)でつなぎます。
この方法であれば、たった1本の光ケーブルの回線を、入居者全員で共有するのではなく、各部屋が直接光ファイバーの回線でつながれますので、ネットの速度も、常に速く安定しています。

 

各部屋にWiFiルーターを設置することで、配線不要で、快適なネット環境の中で、スマホ、タブレットでインターネットを楽しむことができます。

 

NTT東日本が個人向けに光ファイバー回線として、フレッツ光を提供しているのは、ご存知の方も多いと思います。
この「フレッツ光の全戸加入プラン」は、アパート・マンションの大家さん向けに光ファイバー回線を提供するサービスです。

 

NTT東日本の販売代理店 サービスの詳細
株式会社シナジーパートナーズ

マンションの空き室ゼロ対策[フレッツ光全戸プラン]

ブロードバンドサービス株式会社

フレッツ 光ネクスト マンション全戸加入プラン

 

 

ここは、私もインターネット無料の導入について相談したことがある2つのNTT東日本の販売代理店です。
NTT東日本の完全な販売代理店で、実際の回線の開設、その後のメンテナンスも含め、NTT東日本との直接のやりとりになります。

 

どちらも、インターネットから、メールで気軽に質問できるので、ぜひ利用されるといいです。
メールでの返信を希望すれば、折り返しもなく、メールで詳細に回答してくれます。

 

ここでフレッツ光全戸プランの概要をお話しておきます。

 

■集合住宅の共有部に、光回線を引くだけで、機器工事も、設備機器、電源も不要です。
そのため、工事費用が安いです。
また、設備機器も不要ということで、メンテナンス費用もかかりません。

 

■高速・高品質なフレッツ光を、各部屋に通常の半額程度(個人で契約する際の金額と比較して)の費用で、導入することができます。

 

■入居者は、高速・高品質なフレッツ光を、無料で使い放題なので、入居者に対し強烈にアピールできます。
光回線が直接、各部屋に引かれており、フレッツ光のサービススペックを、一人で堪能できること。(他の入居者と共有することなく)

 

次に、フレッツ光の全戸加入プランの費用について解説します。

 

 

アパート等の集合住宅に、空室対策上効果があるWiFiインターネット無料を導入するための費用と利用料は?

 

「フレッツ光の全戸加入プラン」の素晴らしさを、わかっていただけたと思います。

 

以下のNTTの販売代理店は、どちらもすごく親切に、いろいろ教えてくれます。
まずはWEBから問い合わせ、その際に、物件のある地域と戸数を記載し、インタネット無料の導入にかかる初期費用、利用料を確認するといいです。
その後に、TELで確認するといいです。

 

NTT東日本の販売代理店 サービスの詳細
株式会社シナジーパートナーズ

マンションの空き室ゼロ対策[フレッツ光全戸プラン]

ブロードバンドサービス株式会社

フレッツ 光ネクスト マンション全戸加入プラン

 

 

 

このフレッツ光の全戸加入プランの費用について、賃貸RCマンション、9戸の場合についてメールで相談した結果が以下の通りです。

 

株式会社シナジーパートナーズの場合

■導入費用
一戸当たりの導入費用が15,000円で、事務手数料が800円かかります。

 

■一戸当たりの利用料金
光回線利用料金1,950円で、プロバイダサービス月額利用料金500円。

 

※金額については、あくまでも参考です。
具体的な金額については、直接、代理店に確認をお願いします。

 

ブロードバンドサービス株式会社の場合

■導入費用
全てNTT側で負担。

 

■一戸当たりの利用料金
光回線利用料金2,480円で、プロバイダーサービス月額利用料金300円。

 

※金額については、あくまでも参考です。
具体的な金額については、直接、代理店に確認をお願いします。

 

アパートにWiFiインターネット無料を、費用負担無しで導入できるバッファローは?

 

バッファロー社の提供するインターネット無料は、無線WiFiの方法によるものです。

 

 

建物に引き込んだ光ファイバー1回線を、建物の壁やベランダ等に設置(場合によっては複数の)した無線LANルーターと呼ばれる接続機器を介して、無線WiFiの電波をとばし、各部屋をつなぐ方法です。

 

先程もお話した通り、部屋によっては十分に通信速度が確保できないリスクがあります。
無線LANルーターの位置と部屋の位置関係で、場合によっては、常に、無線WiFiの電波の状態が悪く、通信速度が遅くなることもあり得ます。

 

このバッファロー社の無線WiFi方式では、最悪の場合、入居者にネット環境が悪いとクレームになる可能性があり、私としては、あまりおすすめしません。

 

木造、軽量鉄骨、ALCのアパートで小規模のものであれば、可能かもしれませんが。

 

そもそもですが・・
無線LANという電波を使った「無線通信」という特性上、石やコンクリートなどの密度の高いものは電波が透過しにくいです。
そのため、鉄筋コンクリート造の集合住宅には導入しづらく、木造や軽量鉄骨造向けのサービスということです。

 

また、電波であるため、電子レンジの出すノイズの周波数と同じ場合、WiFi電波が障害を受け、その間使えないなんてこともあるみたいです。

 

 

ケーブルテレビ回線による無料インターネットは?

ケーブルテレビ回線による無料インターネットについて解説します。

 

アパート、マンションの集合住宅で、インターネット無料を売りにしている物件のうち、ケーブルテレビJ:COM等のネット回線を使っているケースです。

 

ただ、このケーブルテレビによるインターネット無料の導入は、正直おすすめしません。

 

なぜなら、光回線と比べると、圧倒的に速度が遅いのです。

 

最大1Gbpsである光回線に比べ、J:COMの最大速度は320Mbps(あくまでも理論値)です。

 

しかも使用状況、地域、建物の環境等の影響で、さらに電波の状況が悪くなる可能性があります。

 

ズバリ!空室対策としては、あまりおすすめしません。

 

まとめ

 

インターネット無料は、確実に、入居者にアピールできる設備です。

せっかく費用をかけて導入するわけですから、ぜひ入居者が満足できる設備、空室対策上、効果が期待できるインターネット無料を導入するようにしてください。

 

入居者募集の条件に「インターネット無料」と付け加えることができれば、どんな設備でもいいと、ひたすら費用を安く抑えることを考え検討するのは、空室対策上極めて危険です。
ぜひ、入居者に、いかにして満足してもらうか、いかにして長期間入居し続けてもらえるのか・・といったことを常に考えるようにしてください。
その視点で、インターネット無料の導入を検討すれば、成功間違いなしです。

 

私がおすすめインターネット無料は・・以下の2つです。

 

フレッツ光の全戸加入プラン

 

フレッツ光の全戸加入プランを販売するNTT東日本の代理店は多数あり、ほぼ同じ条件のようです。
販売代理店は、あくまでも代理店なので、実際のサービスはNTT東日本との直接契約に基づき、受けるようです。
ちなみに、NTT西日本の代理店も多数あるので、その地域に物件をお持ちの大家さん、オーナーさんは探されるといいと思います。

 

有線LANケーブルの方法

 

 

WiFiインターネット無料の仕組みは、いろいろあります。
中には、その会社独自のサービスとして提供しているケースもあります。
その場合は、今後のメンテナンス等、きっちり受けることができるのか、その会社の財務状況とか、信用も含めよく調べる必要があると思います。
設置をして、そこで終わりということではなく、今後メンテナンス等長くサービスを受けることになるので、念入りに確認する必要があります。

 

その点、NTTの販売代理店経由であれば、契約はNTTと直接なので、安心ですね。

 

 

 

ここで勉強したことを参考に、ぜひ、インターネット無料の導入、空室対策を成功させてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

TOPへ